サイエンスショーを見に行きました

今日はまこと幼稚園に、YOHEY(ようへい)さんのサイエンスショーを見に行きました。皆大好きペンギンバスに乗って、朝の会が始まりました。「サイエンスショーなんて初めてだね。どんな事するのかな?楽しみだね。」バスの中では歌を歌ったり、本を読んだりみんなどきどきわくわくしながらしゅっぱーつ!!
DSCN7063[1]

ようへいさんのサイエンスショーが始まりました。初めにピンクと黄色と青の紙コップを取り出すとペットボトルからお水を入れます。一つ一つお水を入れた紙コップを逆さにすると、あら不思議。お水がこぼれません。それどころか、最後に逆さにした紙コップからは紙ふぶきが出てきました。これは、紙コップにお水を注いだ時に、コップの底に吸水ポリマーの粉末を入れておくんだって。吸水ポリマーはトイレの芳香剤などに使われる高分子なんだ。このポリマーが注いだお水をすばやく吸収したからお水がこぼれなかったんだね。
DSCN7084[1]

へー!!すごいなー!お友達はとっても夢中です。ようへいさんのショーに釘づけです。わくわくだね。次はどんな事してくれるんだろう?
DSCN7090.jpg

お次は「紅茶」のペットボトルが出てきました。このお茶を皆の好きな色に変化させます。みんな何色がいいですか?ようへいさんが聞くと、もう会場から色んな色の声が聞こえてきて・・・最初は「赤!」紅茶のペットボトルを透明なコップに注ぐとなんと赤いお水になってしまいました。次は、会場にいるお友達も一緒に手伝って、「黄色のお水」や「緑のお水」「青いお水」を作って行きました。
タネを明かすと「紅茶!」と言ってペットボトルに入れていたのは実は、紅茶の容器に入った「イソジン(うがいぐすり)」で、透明なコップに入ってたのは、イソジンの色を透明にする為にビタミンCをいれ、色をつける為コップの底に絵の具を塗っていたんだ。これを酸化還元反応と呼ぶよ。
DSCN7092[1]

なるほど、すごいなぁ。お友達は集中しながら聞いています。みんな酸化還元反応に夢中!
DSCN7133[1]

サイエンスショーが終わり、クオーレに帰ってくるとお昼ご飯が待っていました。
今日のお昼は チーズパン ポークビーンズ ハムとキャベツのサラダ オニオンスープ 牛乳 とってもおいしかったです。
DSCN7137[1]

ようへいさんは、その他にも色々なサイエンスショーをしてくれました。イリュージョン、理科、科学、サイエンス これらは人間の脳の「思い込み」から作られているそうで、例えば、箱に風船をいれ、大きな針を箱に刺していったとき、バンッ!と風船の割れる音がしたら箱の中の風船が割れてしまったと思い込むけれど、実際は音を出しただけで、箱からは割れていない風船が出てくる。こんなからくりをようへいさんは、やさしく皆に説明してくれました。とっても素晴らしいサイエンスショー。本当にどうもありがとうございました。
荻原

コメント

コメントの投稿

非公開コメント