避難訓練をしたよ。

もうすぐ節分の日 
今日はみんなで「おにのパンツ」の歌を歌いながら、大きなオニを作りました。
みんなで「どこがおにさんのくちかな?」と言いながら、目や鼻の画用紙を貼り付けていきました

DSCN9285.jpg

DSCN9276[1]


出来上がった大きなオニの前で「強いぞ~強いぞ~」と歌を歌うと、みんなも腕を振り上げてオニの真似をしたり、上手に歌を歌う姿が見られました。

DSCN9289.jpg

DSCN9292.jpg

最近、つかまり立ちから毎日少しずつ1歩、2歩と歩けるようになったお友だちがいます
「こっちだよ~!!」と両手を広げた先生に促されると、満面の笑顔で歩いて見せてくれるようになり、日々の成長をみんなで喜びあっています。

DSCN9312.jpg

そして、今日は地震が起きた時のための避難訓練を行いました。
「地震だよ!!みんなお部屋の真ん中に集まろうね!!」と、保育士が声をかけると、子どもたちも先生の話をよく聞いて集まってきました。

DSCN9317.jpg

危険がないように布団をかぶって頭を守ります。
その後は、戸外の芝生へ避難。。。

DSCN9320.jpg

泣いたりせずに、全員が先生と一緒にすばやく避難することができました。
東日本大震災からもうすぐ6年になりますが、その時の教訓を忘れず、これからしっかりも安全管理に努めていきたいと思います。

その後はみんなで戸外を散策しました。
日中、暖かい日差しが差してきたので、バギーに乗ってお散歩をしたり。。。

DSCN9323.jpg

畑のほうに行って、木の実や木の葉を探して、集めている姿が見られました。

DSCN9330.jpg

集めた木の葉を「はい、ど~ぞ!」と、お友だちにプレゼントするお友だちもいて、温かい気持ちになりました。

DSCN9338.jpg

帽子がかぶれなくて困っているお友だちがいると、優しくかぶせてあげたり、泣いているお友だちに、おもちゃを「はい!」とかしてあげたり、日々のお友だち同士の関わりの中で、優しい気持ちが育まれている姿が見られ、嬉しく思います。これからも優しい気持ちを尊重して保育をしていけたらと、改めて感じた1日でした。

臼井







コメント

コメントの投稿

非公開コメント